はせ工房
 
リンク 更新履歴 サイトマップ
 
豆いすという贈り物
手作りオーダー家具
作品のできるまで
お客様の声
はせ工房とは
イベント案内
工房だより
木のある暮らし
よくあるご質問
ご注文はこちら
お問い合わせ
トップページに戻る
 
お得なセット割引
 
お得な学習机セット!
 
過去の作品
 
キャンペーン事業
 
 
  • トップ
  • 豆いすづくりの日々バックナンバー
 
豆いすづくりの日々バックナンバー
 
 
 
2010.12.20
結婚式
18日19日と姪っこの結婚式で、山形県の天童市まで行ってきました。心温まるいい結婚式でした。若い二人に幸あれと祈ります。

そして、新しい出会いが一つありました。新郎の叔父様である清野様が清野工房という木工所とお店を経営されていました。お互い動けるうちは頑張って行きましょうと励まし合いました。

運良く天候にも恵まれ、帰りには「山寺・立石寺」に立ち寄る事が出来ました。比叡山延暦寺にある法灯と同じ灯火が、山形県のこのお寺で守られています。織田信長に焼かれたのち、ここから法灯が運ばれたそうです。

立石寺 立石寺 立石寺

さて、今年もあと少しとなりました。政治、経済、外交、気象、事件などなど、いろいろ大変な1年でしたが、皆様のお陰で物作りができた事に感謝です。これから年末に向けて忙しくなりますが、どうぞお身体を大切にされて、新しい年を迎えて下さい。今年も本当にお世話になりました。ありがとうございました。


【年末年始休業のお知らせ】
はせ工房は12月31日〜1月3日までをお休みとさせて頂きますので、ご理解を頂きますようお願い致します。
 
 
 
2010.12.17
桧(ヒノキ)の米びつが出来上がりました。板厚が1.8cmで、長さ35cm×幅25cm×高さ18cmの大きさです。鉋(かんな)をかけてありますので、本当に綺麗です。もちろん底板も桧(ヒノキ)です。フタは二つに分け、片方は強くはめ込むようにして取り外せるようにしました。これで大切なお米を保管できます。お米も居心地が良いと思います。

桧(ヒノキ)の米びつ 桧(ヒノキ)の米びつ 桧(ヒノキ)の米びつ 桧(ヒノキ)の米びつ

ソーイングウッド
ソーイングウッド
工房ではソーイングウッドの制作に入っております。今回の材料は、樹齢が300年程のミズナラを使っています。木目も細かく、杢(もく)のある部分もありました。糸まきが入る部分は35mmの超鋼刃物で穴をあけます。

明日からは、ハサミを入れる部分に角のみ盤で穴をあけ、糸を通す所に5.5mmのドリルで小さな穴をあけます。そして全体に丸面を施し、ペーパーで仕上げていきます。
 
 
 
2010.12.13
工房では、現在「米びつ」を制作しております。10kg程を収納する大きさで、桧(ヒノキ)の良材を使っています。

側面に掘り込みの取っ手を作る工程を簡単にご紹介します。型にそって印を付け、まずはハンドルーターを使い12mmのストレートピット(刃物)で荒彫りしたのち、型を取り付け、ガイド金具を取り付けたトリマーで彫っていきます。

米びつ 米びつ 米びつ 米びつ

米びつ加工は終了して仕上げの所まで来ましたので、あとは組み立ててフタを加工したら出来上がりです。
 
 
 
2010.12.07
歩行階段昨日は、名古屋市北区にある「名古屋みこころ幼稚園」に、特別な道具についての打ち合わせのため伺ってきました。

写真は2003年に納めさせて頂いた「歩行階段」です。モンテッソーリ教育のための道具で、桧(ヒノキ)で制作したものです。ゆるみやガタツキなどの点検をしましたが、問題なく安心しました。「たくさんの子供たちに階段を使わせる事が出来て良かった」と先生に喜んで頂きました。

歩行階段 歩行階段 歩行階段

豆いすと木馬ちょうど2歳未満の子供たちとお母さんたちの授業の最中でしたが、子供の動きなど参考になりました。たまたま、車の中に「豆いす」と「木馬」を持ち合わせていたので、皆さんに見て頂けました。
 
 
 
2010.12.06
伐採作業 伐採作業昨日は日曜日ののんびりした陽気の中で、工房西の森の整林作業を楽しみました。

クリを5本ぐらい、ホウとリョウブの木を2本程をチェンソーで伐採し、幹はチェンソーで枝はナタで3尺(90cm)ほどに切っていきます。後日、更に30cmぐらいに切って、来年の冬用の薪になります。

リンドウ 夕焼け伐採の途中、小川(水路)の脇にリンドウのツボミを見つけました。

道具を片付けたら、秋のつるべ落としですっかり陽がくれていました。綺麗な夕焼けでした。
 
 
 
2010.12.03
今日も温かく気持ちの良い一日でした。昨晩、各部材の仕上げが完了したので、今日は組み立てた後、本体の仕上げも完了し塗装の工程に入りました。

桧の豆いす 桧の豆いす 塗料の植物性オイルは、前回より米の糠(ヌカ)を原料にした、日本キヌカ社の「キヌカ」を使用しています。今までのクライデツァイト社のドイツ製オイルと比較しますと色の変化(黄ばみ)が少なく、安全性も更に高くなりました。

その反面、塗りすぎると著しく乾きが遅くなるため刷毛が使えません。そのため、布にオイルを沁み込ませて拭いて塗る必要があり、仕上げに時間がかかります。又、撥水性が弱いので水に弱いように思います。あと…価格が若干高いです。

今のところ桧(ヒノキ)とは相性がいいようなので、このオイルを使い続けていこうと思っています。
 
 
 
2010.12.02
昨日今日と、おだやかな天気が続いています。工房では今日、豆いすの座板の加工と仕上げの作業を施しました。

木工制作の工程は、部材木取り→部材加工→役者決め→部材加工→部材仕上げ→組み立て→仕上げ→塗装の順で完成します。一番時間がかかる工程は何かというと、部材の仕上げです。特に曲面の仕上げは根気のいる手仕事になります。今回は豆いすを10個制作しているので、座板も10枚。周囲の丸面を紙ヤスリで研磨をします。

豆いすの座板 豆いすの座板 豆いすの座板

荒い番手から仕上の番手と続けていると、手や指が強張り、単純な作業なのでイヤになったりします。気分転換で体操をしたり、夏場は草をむしったりして続けます。今日は途中に別の仕事を入れ、指を休めました。
 
 
 
2010.11.29
27日は名古屋の八事まで織物の作品展に出掛けましたが、ちょうど紅葉が盛りで気候の差をつくづく感じました。

紅葉の盛り 紅葉の終わりここ笠置山ではモミジが散り始めています…もう秋も終わりでしょうか。(左の写真が23日に撮った写真で、右の写真が28日に撮った写真です。)

今年もあと1ヶ月ちょっとですね。馬力をかけてもうひと頑張りです!
 
 
 
2010.11.16
今朝の気温は飛騨高山市と同じマイナス0.5度でした。先週末には薪ストーブを設置しました。毎年11月中旬頃に設置して4月の中旬頃には片付けますが、そのたびに100kgぐらいあるストーブを動かしたり、屋根に登ってエントツを取り付けたり外したりします。恵那に来てから22年ですから、80歳まで頑張るとすると更に22年ですか〜…あっという間になりそうです。

工房周辺は、日に日に色模様が変わっていきます。ナンキンハゼは盛りを過ぎ、ドウダンツツジやヤマボウシ、シラカバは少し落葉し始めました。イロハモミジが写真のように鮮やかに染まっています。それぞれの木の見頃は異なるわけですが、全体の紅葉の景色はここ2〜3日が最高だと思います!もし、機会があれば見に来て下さい。

工房周辺の秋 工房周辺の秋 工房周辺の秋 工房周辺の秋

工房では、豆いすが完成し、豆机の制作に入っています。
 
 
 
2010.11.08
朝晩にはストーブや炬燵が必要な季節になってきました。例年この時期は「いつ薪ストーブを設置するか」迷うところなんですが、今のところは石油ストーブに頼っています。工房周辺ではヤマザクラが落葉しイロハモミジが色づき始めています。ドウダンツツジやナンキンハゼの紅葉が盛りで、秋らしい青空の中で映えていました。

工房周辺の秋 工房周辺の秋 工房周辺の秋

そういえば、今年は「住宅エコポイント」の制度が始まっていますね。それで、我が家も「窓の断熱改修」をしようと思っています。ただ、使用する建材は住宅エコポイント事務局に登録されたものが対象となるので、そうした製品は少し値段が高いようです。スギなどの材料を使って自分で値打ちに作ってしまいたいのですが、なかなか時間が取れなくて迷っています。

イノシシの被害 イノシシの被害田んぼの周りには、イノシシが夜な夜なミミズや食べられる根っこを漁りに出没し、畦(あぜ)などをボコボコにしています。11月15日が正式な狩猟の開始日になっているので、異常に多くなったイノシシを捕まえて欲しいものです。
 
 
 
2010.11.04
恵那産業博覧会
恵那産業博覧会
10月31日は「恵那産業博覧会」に出展致しました。はっきりしない天気でしたが、開催中は雨も降らず大勢の方に来て頂きました。

今回、はせ工房では定番の「豆いす」「豆机」と、木の小物を展示販売しましたが、何故か「靴べら」の人気が高かったです。購入して頂いた皆様、ありがとうございました。

又、木工ロクロの体験や布ぞうり作り、盆栽教室にサイコロづくり、栗きんとんの作り方など、職人さんと触れ合う企画がたくさんあり、年配の方からお子さんまで楽しんで参加されていました。
 
恵那産業博覧会 恵那産業博覧会 恵那産業博覧会
 
 
 
2010.10.29
桧の豆いす
塗料
今日、「豆いす」が7脚完成致しました。今回は「米ぬか」から作られている塗料を使用しました。以前より導入を考えていました、日本キヌカ株式会社製造の「キヌカ」です。

今まで使用しているドイツ製の植物性無公害オイルより、更に安全な塗料となります。撥水性がありませんので、テーブルの天板などには2回目の塗装でワックスなどの塗布が必要となりますが、これからも平行して使って行きたいと思っています。
 
恵那市の産業博覧会さて、今週末10月31日(日)は、先日よりご案内しています恵那市の産業博覧会に参加致します。

和菓子や木工ロクロ、盆栽など職人の技の実演にふれたり、体験もできる企画などがあります。はせ工房は「豆いす」や「豆机」の他、木工小物の展示即売も行いますので、 機会がありましたらどうぞお立ち寄り下さい。
 
 
 
2010.10.21
企業視察
企業視察
企業視察
恵那商工会議所の木工部会で企業視察の企画があり、ミズノ株式会社の養老工場まで見学に行ってきました。

メジャーリーグのイチロー選手や松井秀喜選手など、数多くのプロ野球選手のバッドを制作されている久保田さんが、イチロー選手のバットを制作する所を見学させて頂きました。社内の方でもなかなか見られない現場らしく、大変に運が良かったです。

私も将来、旋盤で椅子の脚の加工をするかもしれませんので、大変参考になりました。
 
 
 
2010.10.14
桧の豆いす 焼印先ほど、豆いすが12個完成致しました。このうち9個は明日の出荷を待ちます。ご注文頂いた皆様、お待ち頂きましてありがとうございました。

焼印をするのに苦にならない季節になりました。工房周辺では、ヤマザクラや柿の木が紅葉し始めています。柿は裏年のため2〜3個しか実がなっていませんが、昨年初めて実った柚子の木は今年もちゃんと実っていました。長く厳しかった夏でしたが、いつの間にか秋模様ですね。

ヤマザクラ 柿の木 柚子の木
 
 
 
2010.10.06
清清しい秋の空になりました。気温の差が大きいので、お体に気をつけて下さい。

さて、週末は東京都練馬区にある練馬区立牧野記念庭園記念館まで展示台の納品に伺いました。10月9日からの企画展で展示される資料の展示台を、スギを使って作らせて頂きました。しかし、設置した後いろいろとお打ち合わせに夢中になり、写真を撮るのを忘れてしまいました。残念でした。

その後、神奈川県川崎市のお客様のお宅に座卓テーブルとスウィートチェアー2脚、そして欅(ケヤキ)の文机を納めて参りました。座卓テーブルは長さ約170cm×奥行90cm前後×高さ34cmと68cmの二通り使えるものです。天板の厚みが5cmあるので重さが80kgほどになります。お客様にも手伝って頂き、3人でギリギリ納まりました。どちらのお客様にも喜んで頂きました。ありがとうございました。

座卓テーブルとスウィートチェアー 座卓テーブルとスウィートチェアー 座卓テーブルとスウィートチェアー

現在工房では、豆いすの在庫がなくなってしまいました。一生懸命制作しておりますので、しばらくお待ち下さい。仕上がりは10月15日の予定をしております。どうぞご理解をお願い致します。
 
 
 
2010.09.22
連休は稲刈りでした。イノシシに踏まれた稲は、土が着いたり稲穂を鳥に食べられたりして刈る事が出来ず、収穫は例年の半分くらいになりそうです。昨年、知り合いから古いバインダー(稲を刈って麻紐で自動的に縛る機械)を頂いたので使ってはみたものの、調子が悪く、結局例年のようにノコギリ鎌1本で手刈りする稲刈りでした。

稲刈り 稲刈り 稲刈り

手刈りは時間と体力が必要ですが、風や鳥の鳴き声を聞きながら自分のペースで刈っていく方法が自分にはあっているようです。この後は10日から2週間ほどハザ干しをし、脱穀をして籾摺り(もみすり)をしたら玄米になります。

シソの花田んぼの脇にはシソの花が咲いていました。工房では一枚板のテーブルが完成し、現在は椅子の制作に入っています。
 
 
 
2010.08.27
桧の本棚

桧の本棚
先日、春日井のお客様のお宅へ「桧の本棚」を納めにお伺いしました。春日井に到着し車を降りたとたん、サウナ風呂に入ったような感じの焼け付くような日差し…恵那も暑いですが、暑さが違うなぁと思いました。

早速お部屋に納め、絵本などを並べて頂き、写真を撮りました。お客様のご要望でしたが、本の表紙が見える棚はいいです。読んでみようかな?という気になりますね。一昨年前にご購入して頂いた「豆いす・豆机」と共に活躍しそうです。

お客様には「やはり市販のものとは違いどっしり感と温もりがある」と大変喜んで頂き、私も嬉しい気持ちで一杯した。
 
 
 
2010.08.18
お盆の間も仕事の予定でしたが、予定が狂ってしまいました。8月11日の昼過ぎに、ふっと田んぼを見たらイノシシに荒らされているではないですか!心配していた事が起こってしまいました。

メインである下の田んぼは1/3程度、中の田んぼは1/5程度荒らされていました。痩せていて収穫の少ない上の田んぼは被害を免れましたが大変です。早速、日の暮れるまでの2時間ぐらいで中の田んぼの稲を起こし、その夜は近くに明かりとラジオを置いて様子を見ました。

12日の朝、早く起きて田んぼを見ると、下の田んぼに入られてほぼ半分ぐらいが荒らされていました。これは大変と思い、丸一日かけて古トタンを使って柵を設けました。足りない分は、効果があると聞いていた青のシートを張る事にして、雨の降る中を夕方まで稲を起こしその日は終わりました…くたびれました。

イノシシの被害 イノシシの被害 イノシシの被害

13日の朝、田んぼを見たら、下の田んぼはほぼ全滅状態でがっくり…。せっかく起こした稲も再び、運動会の後のようにぐっちゃぐちゃでした。朝から古トタンをかき集め、足りない分は古ネットで囲みきりました。夕方、周りの茂みの下刈りをしている途中で金バチに刺され、その日は終了…。

14日は刺された手がパンパンに腫れてリタイヤ。(盆休み?) 15日は腫れが引き始めたので、一日中草刈りをしていました。14日以降はなんとか侵入されずに済んでいますが、今後も不安が続きそうです。今年の稲の出来具合が良かっただけに悔しい〜です!

桧のハイチェア

桧のハイチェア
さて工房では、イノシシ事件の前に「桧のハイチェア」の加工が完成しております。これはカウンター用の椅子ですが、お客様からのご提案で豆いす(大)の脚を長くして座面の高さを65cmにしたものです。近いうちに定番作品にする予定ですので、その際には又じっくりご覧下さい。

あっという間のお盆でしたが、盆明けからは「桧のハイチェアー」を塗装して、一枚板のテーブルの制作に入っています。また猛暑の気配がありますが、頑張っていきます!
 
 
 
2010.08.04
薪ストーブ暑い日が続いております。お見舞い申し上げます。そんな暑い中、完成した豆いすに焼印を押すため、薪ストーブに火を入れました。夏場の焼印は自分ながら笑えてきます。他の方法もあるのですが、工房の中で直ぐにできるのでついついストーブを使ってしまいます。

ところで、全国的に暑さで有名になった岐阜県多治見市は、愛知県の県境に位置します。名古屋市や春日井市などで温められた空気が内津(うつつ)峠を越して流れ込むフェーン現象で更に温まるため、酷暑になる地形のようです。

恵那市はその多治見市とは30kmぐらい北東の位置にあるのですが、ここ2〜3年前から気温が極端に上がっているように感じます。でも、これは自分の歳のせいかもしれません…。炎天下で働いている人からすれば、なんのこれしきですね!
 
 
 
2010.07.23
ネムノキ梅雨が明けて、一気にカンカン照りの陽気が続いております。ここ笠置山の中腹ですら気温は35℃にもなります。その暑さの中でも、今年はネムノキの花芽が多く、長く咲き続けています。ピンク色で乙女のような雰囲気の可愛らしい花です。
田んぼの稲稲の方も順調に育っています。イノシシ対策のためのビニールテープの柵を今年は増やしました。電柵に似ているので、今のところは効果があるようです。先日イノシシに近くまで来られ、葛(クズ)の根っこを掘られボコボコにされましたが、畦(あぜ)は助かりました。いつかは見破られるかもしれないですが…。

豆いす工房では、一日中「豆いす」の前脚と後脚の木取りと加工をしていました。扇風機を回しながら、汗をふきふき、時々休んではお茶を飲み、頑張って制作しております。自営ですので休みながら仕事は出来ますが、クタクタの毎日です。
 
 
 
2010.07.07
本日は、半年に一度の「ご愛顧キャンペーン」の抽選会を行いました。これは、「豆いす」や「豆机」を購入して頂いたお客様の中から抽選で、「豆いす」か「豆机」をプレゼントするというものですが、今回で3回目となります。抽選には、はせ工房のパートナーでありお客様でもある高橋様と川島様にお客様代表として立ち会って頂きました。

ご愛顧キャンペーン ご愛顧キャンペーン ご愛顧キャンペーン

番号の付いた木の札を袋に入れ、シャフルして1つだけ札をひきます。当選者はと言いますと…ジャーン!2番が当選です。大阪府高槻市の竪谷様が当選致しました。おめでとうございます!

ご愛顧キャンペーン他5名の方にも粗品を進呈致します。当選者につきましては「ご愛顧キャンペーン」のページをご覧下さい。

今後とも抽選会が続けられるよう頑張って参りますので、どうぞはせ工房を応援よろしくお願い致します。
 
 
 
2010.07.05
木工展恵那での木工展が昨日終了しました。雨が降ったり蒸し暑かったりした両日でしたが、恵那市の広報や中日新聞、NHKのイベント情報などの案内もあって、大勢のお客様に来て頂きました。誠にありがとうございました。

65歳ぐらいの年配の女性のお客様はNHKのニュースでお知りになり、恵那市に問い合わせされて場所を確認され、遠く岐阜市から電車で来て頂きました。「癒しの形」のご注文を頂き、本当に嬉しかったです。

テーマが「木のある暮らし」という事もあり、今回の「はせ工房」の作品は、スギで制作した整理棚や梯子(ハシゴ)、桧のキャスター付本棚、ミズメザクラ(アズサ)のフライ返し、ナラの靴べらや抽斗(ひきだし)やフックなど、暮らしの中で必要な道具を展示致しました。お客様の反応も大変に良かったので、順次定番商品にしていきたいと思っています。

木工展 木工展 木工展
 
 
 
2010.06.23
ササユリ ササユリ先週から全国的に梅雨に入りました。

工房の西にある田んぼの更に西側は雑木林になっていますが、ササユリが咲き始めています。香りの強い可憐な花ですが、どことなく曇りの日がお似合いです。

6月20日の日曜日には、多治見にあるセラミックパークMINOで開催された「クラフトフェア」を見学してきました。4月に開催された展示会で一緒だったジュエリー作家の須貝さんが出展されている他、200ブースぐらいあったでしょうか…木工・陶器・ジュエリー・布・人形・雑貨・盆栽など色々あって、作家さんの話を聞いたり、見たり、少し刺激を頂きました。私は3〜4年前から盆栽に興味を持っていますが、今回の出会いで少しずつでやっていこうと思いました。

クラフトフェア クラフトフェア クラフトフェア

さあ、7月3日、4日の木工展に向けて、もう1点新しい作品(道具)を作るぞ〜!
 
 
 
2010.06.11
先日、お客様から「パンを作る時の作業台」についてのお問い合わせがありました。下の写真は、2004年の10月に名古屋のお客様に納めた作業台です。

パンの作業台 パンの作業台 パンの作業台

高さ85cm×長さ約130cm×幅約85cmの作業台です。ロールになった1mぐらいの紙?をテーブルの下に置きたい事と、パン作りの後で生徒さんと一緒に椅子に座って食べやすい台をご希望でした。

考えた末にこのようなデザインになりました。足が入るスペースをとるため20cmほど奥に戸棚を設けてあります。こういった作業台はあまり見かけないですが、お客様には喜んで頂いています。(お客様の声
 
 
 
2010.05.31
無垢の額縁先日、お客様から「贈り物に何か木製品を作ってくれないか」とご依頼がありました。一晩考えた末に、四季の風情などを入れる額縁がいいと思いご相談した結果、了解を頂きました。4個が一組なので揃う材料を探していたら、ちょうどぴったしの木目が繊細で優しいケヤキの板がありました。

中をくり貫いて、優しい曲面の額が出来上がりました。裏板にはナラ材の無垢の板を使い、横長なのでハガキの大きさだと中の板も見えます。手仕事が多い分、温もりを感じる事ができると思うのですが…。

中に入っている絵は、春日井市の田中様から頂いた山里の花の絵で、シデコブシ、ホウ、ツクバネ、ショウジョウバカマです。今日、この額縁を納める事が出来ました。喜んで頂き、ひと安心です。

無垢の額縁 無垢の額縁 無垢の額縁

田植え 田植え工房の周りでは、西の田んぼの田植えが完了しました。紙マルチ農法という紙を敷きながら手で植えていく農法なので、足腰の鍛錬になります。わずか120坪程ですが、1人で16時間はかかります。田植えが終わると少しホッとします。

2日前の写真ですが、工房周辺はヒトツバタコの白色やタニウツギのピンクが美しいです。田植えの準備も整ってきました。
 
 
 
2010.05.23
今日は半田市のお客様のお宅へ、完成した椅子を納品に伺いしました。あいにくの雨でしたが、小雨だったので濡れる事もなく納める事が出来ました。

無垢の椅子 無垢の椅子 無垢の椅子

アームチェアーが1脚、片アームチェアーが左右各1脚、普通のチェアーが3脚でした。全て低めのゆったりとした椅子ですので、それに合うようにテーブルの脚を切って高さを65cmに致しました。低めのテーブルとチェアーで、食事後もゆったりとくつろげるように設計させて頂きました。

ヒトツバタコ タニウツギ2日前の写真ですが、工房周辺はヒトツバタコの白色やタニウツギのピンクが美しいです。田植えの準備も整ってきました。
 
 
 
2010.05.16
無垢の椅子 無垢の椅子先週からず〜と椅子の制作が続いています。今日は、左右の妻側を背板とつなぎで組み立てた後、前脚のほぞ部分に木栓を入れて強度を持たせる仕事をしました。

椅子の場合、長く使っているとほぞがゆるんでくる事があります。そのため楔(くさび)木栓を使って予防するのですが、私が椅子をつくる場合、急所であるほぞ部分には木栓を使います。

今日は座板の接ぎつけ(板を合わせて目的の幅にする)まで仕事が進みましたので、明日は座板を仕上げて取り付けをして、ようやく完成しそうです。その後にまだ塗装がありますが…。

無垢の椅子片肘付き(左と右)の椅子と肘なしを合わせるとベンチのようになりますよ。
 
 
 
2010.05.09
アオダモ5月に入り、爽やかな天気が続いています。

工房の前、お隣さんの庭(林)には「アオダモ」の木がありますが、綿のような柔らかい白い花が風に揺れていました。
無垢の椅子 無垢の椅子今日はその花が見える場所で、椅子の制作に取り組んでいました。午前中は、脚と肘掛と貫(ぬき)の部材の仕上げをし、午後からはそれを組み立て、妻部分が完成しました。

明日は背板とつなぎの加工と、仕上げに入っていきます。
 
 
 
2010.04.30
神戸阪急百貨店での作品展を終えて、昨日恵那に帰ってきました。

第1回北の動物大賞 神戸展 第1回北の動物大賞 神戸展 第1回北の動物大賞 神戸展

入選者の作家は私を含めて5名の参加でした。「森風社」(組子)の磯辺豊さん、「デザイン工房エッセ」(ジュエリー)の須貝清和さん、「ガラス工芸あとりえセレーノ」の白藤晴久さん、「ガラス工房るん」の鈴木恵巳さんです。

森風社 デザイン工房エッセ ガラス工芸あとりえセレーノ ガラス工房るん

作家同士の情報交換が出来る時間もあったりで、これからの物づくりの参考になりました。
 
 
 
2010.04.14
サクラ ハナモモ先週末は、どこもかしこもサクラが満開状態でしたね。長く楽しめた今年のサクラも、ようやく終わりを告げています。私は咲き始めも好きですが、花びらが散る風情が大好きです。

花びらの絨毯の中でアジサイの新芽が映えていました。ハナモモの花も咲き始め、ヤマザクラのツボミが膨らんできています。

工房では、アームチェアーや片アームチェアーなどの木取りをしています。写真は以前に制作したものですが、組み合わせるとベンチにもなるデザインとなっています。

アームチェアー 片アームチェアー ベンチにもなるデザイン

【イベントのお知らせ】
4月24日〜28日まで「第1回北の動物大賞 神戸展」が開催され、はせ工房の作品が出展されます。お近くの方は是非お越し下さい。(期間中は私も毎日会場におりますので、お気軽にお声をかけて下さい。)
 
 
 
2010.04.07
豆いす今日は、今年2回目の「豆いす」の制作が完了しました。17個に焼印を押して出荷を待ちます。

いつも材料の桧(ヒノキ)は吟味していますが、今回は特に座板部分の桧(ヒノキ)の柾目がとても綺麗で、香りも良かったです。制作中も工房の中は桧(ヒノキ)の香りが強すぎて、鼻水が出るくらいでした。やはりこの地方の桧(ヒノキ)は最高だと思います。

モミジ ミツバツツジ工房周辺ではサクラが満開の中、モミジの葉の芽が出始めていました。幼い赤ちゃんのようです。日当たりの良い場所のミツバツツジも咲き始めていました。気まぐれな天気で気温は低いのですが、季節は進んでいますね。

【イベントのお知らせ】
4月24日〜28日まで「第1回北の動物大賞 神戸展」が開催され、はせ工房の作品が出展されます。お近くの方は是非お越し下さい。(期間中は私も毎日会場におりますので、お気軽にお声をかけて下さい。)
 
 
 
2010.04.03
早生のヤマザクラ(コヒガンザクラ系)が満開になりました。普通は一部の枝から順番に咲いていくのですが、今年はツボミの時間が長かったので、それぞれの枝のツボミがいっせいに開きました。工房の手前にあるソメイヨシノも3分咲きぐらいになっています。はせ工房の中央にある、シンボルツリーのヤマザクラはまだまだ先のようです。それにしても今年は気温が低いです。春の陽気はまだまだ先なのでしょうか…。

ヤマザクラ ソメイヨシノ ヤマザクラ

豆いす工房では「豆いす」の制作中ですが、今日は嬉しくてめずらしいご注文がありました。なんと…生まれたその日の、しかも生まれて2時間後ぐらいにご注文のご連絡を頂きました。

「出産のお祝いには豆いす!」と決めていらっしゃるお客様からのご注文で、生まれてきた赤ちゃんのお名前も既に決められていたのでしょう。早速、心を込めて名入れをさせて頂きました。
 
 
 
2010.03.29
27日の土曜日は、春日井市のお客様宅に学習机のセットを納品して参りました。机やワゴンは特注で、椅子は定番作品の「学校の椅子」を納めさせて頂きましたが、ご家族の皆さんに喜んで頂き、有難い一日でした。

学習机 学習机 学習机

連日続いていた雨も上がって、恵那から春日井に向かう道中は南へ行くほど季節が早く、サクラやツツジも所々で咲いていました。でも、まだまだ春本番ではないですね。帰りは名古屋の実家に立ち寄り、更には、1年ぶりに献血をして帰ってきました。
 
 
 
2010.03.25
桜のツボミも膨らまないまま、冷たい雨が続いています。春爛漫の陽気は、まだまだ先のようです。

工房では、学習机の引き出しワゴンが完成しました。引き出しの底板に杉(スギ)の一枚板を使い、側板にはヒノキの柾目の板を使いました。引き出しを開けると桧(ヒノキ)と杉(スギ)の混ざった、なんとも良い香りがします。一番下の引き出しには、事務用のデスクによくあるA4ファイルを横に入れられるような仕切りも付けました。

学習机のワゴン 学習机のワゴン 学習机のワゴン

はせ工房では合板を使っていないので、箱物(収納家具)の裏板や引き出しの底板も全て無垢の材料を使います。合板と比べると材料自体の値段は少し高い程度ですが、ただ加工に時間がかかります…。

それでも、メリットはいろいろありますよ。まずは「香りが良い」事、そして「虫が寄り付かない」事です。又、国産材である事は林業雇用にもつながり、輸送のエネルギーが少なく資源の節約にもなります。

これでようやく、机と棚、そしてワゴンと椅子が完成しました。近々、納品する事になります。
 
 
 
2010.03.15
学習机のワゴン甲府での作品展が終了して、今週からは制作途中だった学習机の制作に入ります。本体の机は塗装を残して完成していますので、今日からは引出が3杯付いたワゴンの制作に入ります。

下の引き出しは深くして、A4のファイルを横にして入れられるようになります。 材料はヒノキで、構造はコンパクトですっきりさせるため「板組み工法」にしました。

椿(ツバキ) 山桜(ヤマザクラ)工房周辺では、梅に続いて椿(ツバキ)の花が咲いています。早生の山桜(ヤマザクラ)のツボミも少しずつ膨らんできています。不順な天候もそろそろ終わりにして欲しいですね。
 
 
 
2010.03.10
第1回北の動物大賞 甲府展

第1回北の動物大賞 甲府展
3月4日から開催しています「第1回北の動物大賞 甲府展」ですが、初日だけは携帯用の作業台を持参して、桧の板をかんなで削る実演をしました。何人ものお客様が桧の香りにうっとりされていました。

4日夜の帰り道は小淵沢付近から雪が降ってきて、びくびくしながら運転して帰りました。 なんとか無事にたどり着けてよかったです。

明日11日が最終日となりますが、最終日も作品などの搬出に出掛ける予定になりました。雪にならないように祈っています。


【イベントのお知らせ】
3月4日〜11日まで「第1回北の動物大賞 甲府展」が開催され、はせ工房の作品が出展されています。お近くの方は是非お越し下さい。

第1回北の動物大賞 甲府展 第1回北の動物大賞 甲府展 第1回北の動物大賞 甲府展
 
 
 
2010.03.03
マンサクの花

梅の幼木
あっという間に2月も終わり、今日はもう3月3日です。例年より2週間ぐらい遅れている感じですが、「マンサク」の花が満開です。一昨年植えた梅の幼木にも今年は花が付きました。季節は先に先にと進んでいますね。

さて明日から開催されます作品展に向けて、今から甲府まで出かけてきます。行って来ま〜す。

【イベントのお知らせ】
3月4日〜11日まで「第1回北の動物大賞 甲府展」が開催され、はせ工房の作品が出展されます。お近くの方は是非お越し下さい。 (3月4日は私も会場におります。)
 
 
 
2010.02.25
木枠の設置

木枠の設置
昨日は、2月とは思えないような日差しがあって温かい1日でした。そこで、依頼されていた「水半茶寮」様の木枠の設置に伺いました。

材料には22年程前に仕入れた「秋田杉」を使い、「うづくり」をして木目をひき出させる仕法で仕上げました。

杉を使った事は大正解でした。他の使い慣れたテーブルなどと、色や趣きの調和が取れたと思います。お店の皆さんにも喜んで頂けまして良かったです。


【イベントのお知らせ】
3月4日〜11日まで「第1回北の動物大賞 甲府展」が開催され、はせ工房の作品が出展されます。お近くの方は是非お越し下さい。 (3月4日は私も会場におります。)
 
 
 
2010.02.17
薪先日、伐採した樹木の片付けと薪割りをしたのですが、その足跡が工房の裏の軒先に現れました。何気なしに積んでいった薪が、こんなに素晴らしい模様になっていました!来年の冬支度がもう始まっています。
豆いす昨日は豆いすが8個出来上がりました。普段は10〜12個ぐらいの数で制作していますが、今回は部材の都合があって8個で制作しました。たまには作業形態を変えてみるのも必要ですね。リズムも少し変わって新鮮でした。
 
 
 
2010.02.01
今年に入って「桧の豆机」のご注文をよく受けます。「豆いす」とのセットや、2歳ぐらいになられるお子様に「豆机」も…という事で、先週末から急遽「豆机」の制作に入っています。来週には出来上がりますので、もうしばらくお待ち下さい。

無垢の木のテーブル  木枠の打ち合わせ昨日の午前中は「水半茶寮」様から連絡があって、12年前に納めさせて頂いた椅子のメンテナンスと、カウンターの開放部に取り付ける木枠の打ち合わせにお伺いました。(右の写真の暖簾の所に木枠を納める打ち合わせです。)

冷暖房の繰り返しで、無垢の木のテーブルや椅子にとっては厳しい環境ですが、大切に扱って頂いている事もあり納品時よりも貫禄が出てきています。「水半茶寮」様では豪華なモーニングサービスも始められたようで評判との事!機会がありましたら是非モーニングや昼会席にお出かけ下さい。(場所はこちらからご確認下さい。)

日曜日という事もあり、午後からは大好きな野良仕事をする事に…年明けに伐採した木々の薪割りと片付け、更に元口40cmのコナラの木を伐採しました。

コナラの木の伐採 コナラの木の伐採 コナラの木の伐採 薪割り

ロウバイ近くある「ロウバイ」の花からは、毎年ながら気品のある甘く優しい香りが漂っていました。(写真はロウバイと、昨秋80個ほどの実がなった「柚子」の木です。)
 
 
 
2010.01.25
15年前に購入して頂いたテーブル

15年前に購入して頂いたテーブル
昨日24日は、愛知県半田市のお客様のご自宅にお伺いしました。15年前に購入して頂いたテーブルに合った椅子、もしくはベンチを作りたいとの事でした。

せっかくお伺いしたので、まずはテーブルの汚れを取って、再塗装のメンテナンスをしながら状況をお聞きしました。普段の人数や多い時の人数、生活の中の動きなどをじっくり相談させて頂き、大体の形や数が決まりました。

お昼前には終えるつもりでしたが、終わって時間を見たら2時半を過ぎていてびっくりしました。ご主人と奥様からお話を聞いたり、熱中して説明したりで、時間が全く分かりませんでした。

帰りは名古屋の実家に立ち寄り、更に春日井の「」様に寄って帰宅しましたが、充実した良い1日でした。
 
 
 
2010.01.18
豆机 豆机 先週末に3個の「豆机」の加工が完了し、1回目の塗装をしました。

豆机の前に制作してあった「欅(ケヤキ)の角盆」も一緒に塗装しましたが、欅(ケヤキ)はオイルと相性が良く、すぐに深い艶がでます。

この角盆の大きさは長さ30cm×巾19.8cm×厚み1cmですが、お盆というより茶卓を大きくした感じです。以前は桧(ヒノキ)を素材にして制作していましたが、見た目より手間がかかるため定番作品から外していました。今回はお客様のご依頼で欅(ケヤキ)で制作しました。

欅(ケヤキ)の角盆 欅(ケヤキ)の角盆 欅(ケヤキ)の角盆

湯飲みやカップの隣りにお菓子やケーキを置き、そのままお客様にお出しし使って頂くというものです。その他、お茶漬けと漬物のセット、今の季節ならぜんざいとお茶のセットなど、おもてなしには便利な角盆になります。
 
 
 
2010.01.13
今日は 「ご愛顧ありがとうキャンペーン」2009年下半期(2009年7月〜12月)出荷分の抽選会を行いました。「豆いす」と「豆机」をご購入して頂いたお客様に通し番号を付け、第三者(高橋様、川島様)立会いの下で袋に入った番号札を引いて頂きました。

今回も1名の方に「豆いす」「豆いす 大」「豆机」「豆机 大」のいずれかご希望のものを、そして5名の方に粗品をプレゼントさせて頂きます。抽選結果は「ご愛顧ありがとうキャンペーン」のページよりご確認頂けますので、当選権利のある方は是非ご確認下さい。(当選した方へは追ってご連絡も差し上げます。)

ご愛顧ありがとうキャンペーン ご愛顧ありがとうキャンペーン ご愛顧ありがとうキャンペーン
 
 
 
2010.01.08
小さな角盆

小さな角盆
このところ恵那は寒い日が続いています。工房では、昨年の夏にお客様に依頼されていた小さな角盆の制作に入っています。長さ30cm×巾19.8cm×厚み1cmの欅(ケヤキ)の板が6枚とれましたので、それを丸反り鉋で抉る作業をしています。

見た目より腕の力がいると共に、鉋(かんな)を握る指の握力も必要になります。腕で手前の方に引くのですが、その時腹筋にもかなり力が入ります。そんな訳で、さすがに汗は出ませんが体は熱くなり寒さを忘れさせてくれます。

寒い時は鉋がけに限ります!お風呂に入ったら、手を念入りに揉んであげようと思います。

PS.今年に入り、豆机の在庫がなくなりました。今週末から制作に入り、18日頃には完成する予定ですのでどうぞご理解をお願い致します。
 
 
 
2010.01.05
昨日は、年が明けて初めての青空でした。朝の気温はマイナス5度でしたが、太陽が出ていましたので途中から野良仕事をする事にしました。ヒノキの杓子(しゃくし)を制作した後、田んぼの西の森の整林作業をしましたが、クリの木2本とコナラの木を1本、そして他2本の計5本を伐採しました。

整林作業 整林作業 整林作業

桧(ヒノキ)のバンビ近くにある山柿は昨秋が表年でしたので、たくさんの小さな実がなっています。それを大勢のメジロが押し寄せ、競争でつっついていました。(ちなみに、この山柿で柿酢を作っていますが、あと2週間程で酢になりそうです。)
夕焼け伐採を終えて片付けを済ませたら、ちょうど綺麗な夕焼け空でした。気持ちの良い一日でした。
 
 
 
2010.01.01
明けましておめでとうございます。皆様にとって、本年が素晴らしい年でありますようお祈り致します。今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

【年末年始休業のお知らせ】
はせ工房は12月31日〜1月3日までをお休みとさせて頂きますので、ご理解を頂きますようお願い致します。
 
 
 
>> 最新の「豆いすづくりの日々」に戻る
 
工房外観
はせ工房
〒509-7208 岐阜県恵那市笠置町姫栗715(地図
TEL&FAX 0573-27-3821
info@hasekoubou.com
お問い合わせはこちら
© Copyright by はせ工房 2006- All Rights Reserved.